Mir180315175414b Mir180315180324a

何も考えず闇雲に獲物を狩るアホミスラ。
もしも生きて帰れたら・・・
今晩、この主人の元から逃げよう。
そうユリィは思った。

1+

記事が気に入ったらマンドラをクリック

  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ツールバーへスキップ